日本で一番ファンキーなソウルバンド「BRADIO」はもっと評価されるべき!

シェアよろしくオナシャス(・∀・)

ちょっと前にYoutubeで見かけて衝撃を受けました。

こんなにカッコいいバンドがなぜもっと注目されないのか!?

スポンサーリンク

BRADIOとは

男性4人からなるロックバンドです。

バンド名はどこから来ているのかな?と疑問に思っていたのですが、あっさりとWikipediaに書いてありました。

BRADIOのバンド名そのものは造語であり、「Break the Rule And Do Image On・・・」(日常の世界に、素敵な時間・空間のイメージを加え、良き変化を。)の頭文字を取ったものである。

メンバーは

  • 真行寺 貴秋(しんぎょうじ たかあき) – リードボーカル
  • 大山 聡一(おおやま そういち) – ボーカル、ギター
  • 酒井 亮輔(さかい りょうすけ) – ボーカル、ベース
  • 田邊 有希(たなべ ゆうき) – ボーカル、ドラム

となっています。

ヴォーカルでアフロの真行寺さんはとにかく歌が上手い!

音楽にもMVにも中毒性が有る

音楽の吸引力が凄いです。

一貫した「ソウル、ファンク」と言うテーマを上手く日本の音楽に落とし込んで、聞きやすくオシャレな音楽を届けてくれるのがBRADIOの凄いところだと思います。

また、MVもこだわって作られているのが見えます。

僕のお気に入りのMVは「Take Me Higher」です。

1枚の画像と歌詞だけでここまで魅力的な映像が作れるとは・・・。

プロは凄いですね。

僕もAfterEffectsを仕事で使いますが、やはりセンスって必要だなぁと痛感しました。

フォントを変えるだけでここまで面白いものが出来るなんて勉強になります。

まぁ、そういう見方を抜きにしてもカッコいい!

歌って踊れるハイセンスなBRADIO!

デス・パレードのオープニング

BRADIOの「Flyers」と言う曲はアニメ「デス・パレード」のオープニングテーマになっていました。

それを実写でやりやがった(笑)

Peeping Lifeのオープニング

「Peeping Life」と言うアニメのオープニングでも使われていました。

良く見ると曲中にBRADIOのメンバーが出ています!

これも実写でやっちゃうんですね。

版権の問題で一部キャラが意味不明なものに!

バラード歌わせてもマジでやばい

京都着物友禅イメージソングになっていた「Thanks」と言う曲です。

歌唱力が高いので、素晴らしいです!

まとめ

今後が楽しみなバンドです。

一度はライヴ行ってみたいですね!生歌を聴いてみたいです!

FPP(Funky Party People)デビューしたいです!

それにしても、まだまだ知名度が追いついていないのか、メディアへの露出が少ない気がします。そう言うスタイルなのでしょうか?

いずれにせよ、応援しています!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

スポンサーリンク

シェアよろしくオナシャス(・∀・)

フォローもオナシャス(・∀・)(・∀・)