米誌タイム発表の「世界で最も影響力のある100人」に選ばれた日本人について調べてみた

シェアよろしくオナシャス(・∀・)

2015年版、米誌タイム発表の「世界で最も影響力のある100人」が発表されました。
安倍首相が選ばれなかった事が大きくニュースになっていたのですが、実は日本人は2人も選ばれていました。
「ノルウェイの森」で有名な作家の村上春樹氏と「片づけコンサルタント」の近藤麻理恵さんです。
近藤麻理恵さんにはびっくりです。いつから世界的に有名な方になっていたのか。。。この方の事を少々調べてみました。

スポンサーリンク

可愛らしい「片づけコンサルタント」

日めくり こんまりのときめく毎日 ([実用品])

出版した本がバカ売れ

近藤麻理恵さんは「片づけコンサルタント」として活動されている一方で、
出版された本もバカ売れしました。
「人生がときめく 片付けの魔法」(2010/12/27)
人生がときめく片づけの魔法
この著書が当時もの凄く売れていて、テレビにもかなり出演されていたと記憶しています。

年齢は30代との予想

見た目も何とも可愛らしい感じですよね。
年齢は非公開ですが、2015年4月時点ではどうやら30~31歳らしいですね。
出身地も非公開。

出身大学は東京女子大学

多部未華子さんや、瀬戸内寂聴さんと同じ大学。
大学在学中から片付けコンサルト業務を行っていたみたいです。そして、卒論テーマは「ジェンダーの視点から見た掃除/片づけ」。。。
全然わかりません。
 ちなみに、施設育ちと言う噂があったみたいですが、完全にデマらしいです。

著書が世界で社会現象に!

片付けの方法とは

「人生がときめく 片付けの魔法」の片付け手法を簡単に言うと、家にある不要なものを、手に持った瞬間に
「ときめくもの!」
「ときめかないもの!」
で仕分けして行くと言う蓮舫さんもびっくりな仕分け術です。見た目通り可愛らしく、そしてシンプル。

 どうしてアメリカで注目されたのか?

で、その方がなぜアメリカの雑誌に注目されたか。
あっさり公式サイトに書いてありました。
以下引用です。
 幼稚園年長からESSEやオレンジページ等の主婦雑誌を愛読。
15歳より本格的に片づけ研究を始め、大学在学時より片づけコンサルティング業務を開始。
独自に編み出した「こんまり流ときめき整理収納法(こんまりメソッド)」は「一度片づければ二度と散らからない」ことが評判となる。
著書『人生がときめく片づけの魔法』(サンマーク出版)はミリオンセラーとなり、国内でシリーズ累計190万部を突破。
本著は世界30カ国以上での翻訳が決定するなど大きな注目を浴びている。中でも2014年に出版されたアメリカ版『The Life-Changing Magic of Tidying Up』はニューヨークタイムズをはじめとした数々のメディアで紹介され、米Amazon総合1位となるなど、社会現象となっている。
 納得!!!!
 日本人がアメリカで社会現象を作れるなんて凄いです。

著書が世界30か国で翻訳

世界30か国で翻訳って凄いのか?

しかし、世界30か国で翻訳ってイメージ湧きません。どのくらい凄いのか。
過去の多言語翻訳された出版物についてまとめてみました。
表題 言語数
聖書 2798
ハリーポッター 67
ノルウェイの森 36
源氏物語 30
聖書はやはりケタが違いましたね。

翻訳言語数は「源氏物語」レベル

源氏物語レベルって事で良いのでしょうか。
30か国で翻訳って実はとんでもない事なのでは無いでしょうか。
国内でも190万部のミリオンセラーと言うのも納得ですね。
何故なら、いつの間にかうちの本棚にもありましたから(笑)
 奥さんがごちゃごちゃ言いながら片付けしてたのを覚えています。
日本人に関わらず、世界に影響を与えると言うのは凄い。
まぁ、この「世界で最も影響力のある100人」には「ならず者部門」と言うのも存在していて、そこには半島の偉い人の名前も書いてあったりします。
米誌タイムのこの記事にも相当な影響力がありそうなので、またサイバーテロみたいなこと起きなければいいですけど。。。
以上、近藤麻理恵について調べてみました
最後まで読んで頂きありがとうございました。
ではまた。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

スポンサーリンク

シェアよろしくオナシャス(・∀・)

フォローもオナシャス(・∀・)(・∀・)